なかなか痩せない人は睡眠不足・・?!

皆さんこんにちは!
パーソナルトレーニングジムBiP飯田橋店トレーナーの柿内です。

今回は、睡眠とダイエットの関係性について書いていこうと思います!

皆さん、成長ホルモンという言葉を聞いたことは
ありますでしょうか?

これはよく、成長期の子どもにとって大切なホルモンと
思われているかもしれませんが、
実は大人になってからも分泌されていて
大人にとっても欠かせない大切なホルモンです!

そして、この成長ホルモンには強い脂肪分解作用があるため
ダイエットをするには大事なホルモンです。

そんな成長ホルモンですが、最も分泌される時間帯は睡眠時です!

ですので、睡眠時間が短くなるということは、
最も成長ホルモンが分泌される時間を短くしていることになります。

つまり、睡眠不足になると、この成長ホルモンの分泌が減り
新陳代謝の低下が起き、太りやすくなってしまいます。

さらに、睡眠中には、食欲抑制ホルモンである「レプチン」
分泌されています。

睡眠時間をしっかり取ることができれば
レプチンの分泌が高まりダイエットに効果的ですが、

逆に、睡眠不足の状態では、
食欲を増進させるホルモン「グレリン」の分泌を
高めてしまうことも分かっています。

昔から、「寝る子は育つ」というように
睡眠時は、身体の中で色々なホルモンが分泌され
作用しているという事が分かりますね。

普段の生活で、運動も頑張ってる!
食事制限も頑張ってる!
なのに体重が落ちない…….と悩んでいる方は、
この機会に、ぜひ一度、ご自身の睡眠時間を見直してみましょう!

忙しい毎日を送っているとき、
つい睡眠時間を削ってしまうことが当たり前になってませんか?

睡眠時間は、1週間の平均で約6時間半は確保したいところです。

皆さんの睡眠時間はどれくらいでしょうか?
6時間半の睡眠を取る、ということをぜひ意識されてみてください!


また余談ですが、新陳代謝が低下すると前記しましたが
新陳代謝が低下するということは、肌荒れなどの
お肌のトラブルも起きやすくなってきてしまいます。


今回は、睡眠について書いてみました。

運動、食事、睡眠、ダイエットの三種の神器を大事にしていきましょう!