腸内フローラが崩れる原因とは??

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーニングジムBiP田町店
トレーナーの柿内です。

 

今回は腸内フローラが崩れる
様々な原因について書いていこうと思います。

腸内フローラってなんだ?という方は、
前回のブログを確認してみてください!

「前回のブログ」→
トレーニー必見:今話題の腸内フローラとは

【1】
腸内フローラが崩れる原因の1つ目が食事です。

ファストフードや肉類中心の食生活をしていると、
悪玉菌が腸の中で増えてきて腸内環境が悪くなってしまいます。
善玉菌の餌となる食物繊維などを
意識的に摂取するように気をつけましょう!

【2】
2つ目が加齢です。

生まれたばかりの人間の腸内には、善玉菌がたくさんあります。

そして、だんだんと成長していくにつれて、
善玉菌と悪玉菌のバランスの取れた腸内環境に変わっていきます。

しかし、年齢を重ねて老年期になってくると
ビフィズス菌などの善玉菌が減少し、
ウェルシュ菌などの悪玉菌が増えてきます。

年齢はどうしようもないと思うかもしれませんが、
しっかりと腸内に気を使って食事を続けていければ
善玉菌の減少量は抑えることができます。
今から将来のために腸内環境を整えましょう!

【3】
3つ目がストレスです。

腸には様々な神経系があります。
腸と神経は密接な関係にあるため精神的な
ストレスによって腸内環境が乱れ、
下痢や便秘などを引き起こしやすくなります。

 

このような様々な原因で腸内フローラは乱れてきます。

腸内環境が乱れてしまうと、
便秘や下痢、肌荒れやアレルギーなど
様々な悪影響が表れてしまいます。

健康に若々しく毎日を過ごすために
腸内から整えていきましょう!