WEBLOG

ブログ

0017 食べるということ

明けましておめでとうございます。
代表 薩田です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

年末年始、いかがお過ごしでしたか?
食べすぎて太った、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

食べたいときは食べる。
それで良いと思います。

 

そして、節制するときは節制する。

そのメリハリが、日常を楽しくしてくれると思います。

 

食べるという行為は、身体への語りかけ。
口から入れたものが、身体に浸透されていく。
そして、身体を作っていく。

 

幸せにしてくれる、という意味で、心の栄養にもなります。

 

また、
誰かと時間を共有する、ということもあります。

 

 

実家で、父が家庭菜園をしていて
季節ごとにいろんな野菜が採れます。
無農薬で、新鮮で、とても美味しい。

 

このお正月には、
白菜がたくさん採れたので、餃子をつくりました。

 

白菜のほかに、ニラとにんにく、鶏ムネのひき肉を入れて。
材料をすべて混ぜて、手でこねて
餃子の皮に包む。
バリエーションで、チーズ入りや、キムチ入りも。

 

工作をしているみたいで楽しい。

 

 

食べるということは、美味しい時間を過ごすこと。
身体を作ってくれる美味しい元を、摂り入れること。

本当に身体が喜ぶものを、摂りたい。
そうしていくと、身体は自然とあるべき姿になっていくのだろうと思います。

 

太ったり、やせたり。。
そんなに神経質にならなくてもいいかなと思います。

 

食べるということは、
身体をつくるということ。
心を満たすこと。

 

わたしは、そんな風に思います。

 

BiPでは、厳しくてストレスになるような食事制限はオススメしていません。

ぜひ一度、見学・体験にいらしてください。

 

見学・無料カウンセリング・体験のお申込みは↓こちらからどうぞ★
https://bip.gym.co.jp/contact/

 

 

BiP

著者:BiPトレーナー