インナーマッスルを鍛える! 新たなトレーニングアイテム導入しました

みなさんこんにちは!
田町店トレーナーの木内です。

5月も半ばに入り、梅雨に近づいてきました。
梅雨が明ければあっという間に夏ですね!

みなさんは、夏に向けての身体作りは、できていますでしょうか?

海にプールなど、お腹を出す機会も多くなりますので、
特にお腹周りをどうにかしたい!
と思う方が多いのではないでしょうか?

お腹周りを改善するためには、
食事はもちろんのこと、姿勢の歪みを整える事が重要です。

姿勢の歪みは、筋のアンバランスが原因で起きます。
特に重要になってくるのが、『インナーマッスル』です!

今回、インナーマッスルを鍛えるために、
新たに2つのトレーニングアイテムを導入しましたので
紹介させていただきます。

まず1つ目は、ウォーターバックです。

⬇︎

こちらのアイテムは、中に水を入れて使用します。

このウォーターバックを抱えながらスクワットなどを行うことで
水が左右に移動することで、おもりの重心が不規則に変化するため、
身体は傾いた重心を立て直そうとし、反射運動が起きます。

この際にお腹の『インナーマッスル』が働き、体幹周りを強化することができます。

水の量によって負荷を調整することも可能ですので、
一人一人に合わせて強度を調整できてオススメです!

なんと・・最大で36Lも入ります・・!

下の写真のように、片足に負荷がかかるようなトレーニングを行うことで、
より強度を高めることが可能です。 

さらに、負荷を高めるには、捻りを加えます。

    ⬇︎

この写真では、6L分の水を入れて使用しておりますが
この量でもけっこう難しく、ほとんどのお客様が苦戦しております。

でも、『ゴルフのパフォーマンスをアップ』させるようなトレーニングなども
行うことができますので、
ゴルフをされるお客様にも、ぜひ取り入れていきたいと思っています!

2つ目は、コアスライダーです。

    ⬇︎

こちらのアイテムは、さまざまな運動に使用することができますが、
特に、お腹周りのトレーニングに使用するのに適しています!

使い方は非常に簡単で、コアスライダーの上に足をのせ
床に滑らせて使用するだけです。

①腕立て伏せの姿勢でスタート↓

②両膝をお腹に向かって引きつける↓

以上、この動作を繰り返すだけです。

このトレーニングを行うことで、
お腹の下腹部と股関節周りの筋肉を鍛えることができます。

他にも足を左右交互に引きつけるように動作を行うと、
違うバリエーションでトレーニングを行うことができます。

デイスクを動かすだけのスペースがあるだけで、トレーニングすることができるので、
ご自宅で使用するのにも、とてもオススメです!

ぜひ、こちらもお客様のトレーニングに取り入れていきたいと思っています!

以上

今回は、2つのアイテムを紹介させていただきました。

楽しく、効果的に、トレーニングができるよう
今後もよいアイテムを導入していきたいと思いますので

「こんなことがしたい」
「こんな悩みがある」
「実はここが痛い・違和感がある」


など、何かありましたら、いつでもお知らせくださいね!

●無料カウンセリング・体験のお申込はコチラ
https://bip.gym.co.jp/counseling/

著者:木内康介
トレーニングや運動をまったくやったことがない方でも、 丁寧に指導いたしますので初心者でもわかりやすく、 お伝えすることを大切にしています。 わからないことをわからないままにしないで、 遠慮なく質問してくださいね。