ダイエットのお供にカプサイシン

みなさん、こんにちは!
パーソナルトレーニングジムBiP飯田橋店
トレーナーの柿内です。

今回は、巷で言われている「辛い物を食べると汗をかくから代謝が上がって痩せる」
ということについて、書いていこうと思います。

確かに辛い物を食べると、発汗しますよね?

ですが、これは代謝が上がって発汗しているわけではなく
香辛料が汗腺を刺激して起きる発汗です。
脂肪が燃焼しているわけではありません。

では、辛い物を食べることによって、痩せることはないのか
と言われると、そうとも言えません。
それは、唐辛子に「カプサイシン」という成分があるからです。

カプサイシン自体には、脂肪を燃焼させる効果はありません。
ですが、脂肪の分解を促進させる効果はあります。

つまり、辛い物を食べることで痩せはしませんが
正しい食事プランと組み合わせることによって、
ダイエットの進み具合を助けてくれる効果は期待できます。

脂肪燃焼用のサプリメントなどで、
カプサイシンが含まれているものが多いのはこのためです。

運動前などに、カプサイシン入りのサプリメントを摂取することによて
運動中の脂肪燃焼の効果を高めることができます。

ですが、だからといって食べ過ぎも良くありません。
辛い物には食欲増進の効果もあるため、
結果的に、摂取カロリーが増えダイエットの邪魔をしかねません。。汗

成人のカプサイシン摂取限度量は、体重×5mgと言われています。
50㎏の人であれば、だいたい大さじ1杯分くらいです。

カプサイシンを賢く取り入れて、ダイエットを効率よく進めましょう!
わからないことや疑問などありましたら、いつでも聞いてくださいね・・!