冬こそ脱水症状に気をつけよう!

パーソナルジムBiP田町店トレーナーの三井です。
今回は、冬場の脱水症状について、お話していこうと思います。

冬場は、乾燥に悩む方も多いと思います。


冬は、外気の乾燥により、体内の水分が失われることによって
脱水症状を起こすことがあります。

また、乾燥した環境下では、汗をかきにくいため
水分が失われているという自覚が、しにくくなってしまいます。

私たちの身体は、普通に生活をしていても
1日に、約2L~2.5Lも水分を失うと言われています。

脱水の症状として、以下が挙げられます。
頭痛
食欲不振
筋肉痛
足がつる

改善策としては
こまめに水分を摂取するよう心がける
自宅では乾燥しやすいエアコンは控えて、ヒーターなどを利用する
定期的に運動を行うなど、身体を動かす

脱水症状と聞くと、夏場だけ、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが
冬の間も、脱水しないよう気をつけながら
身体を大切にしていきましょう。

そういう小さな積み重ねが、免疫力を高めて
コロナにも負けない身体を創ってくれます!