124 この世は宝石箱

最近読んだ本が、印象的だったので
みなさんに紹介させてください。

『弓を引く人』
パウロ・コエーリョ
https://amzn.to/3EkzB77

以下引用

——————-

まず仲間を見つけなさい。
仲間とは、あなたのしていることに
興味を持ってくれる人たちのことだ。

冒険を試み、危険を冒し、失敗し、
傷つき、それでもさらに危険を冒す人たちと
友だちになりなさい。

身のこなしは言葉を具現したものである。
つまり、行動とは表現された思考なのだ。

多くの練習を積んだ後は、
私たちはもはや必要な動作について
考えはしない。

しかし、そうなるまでには、
あなたは練習を積み、何度も同じことを
繰り返さなければならない。

真の仲間は彼を絶対に批判しない。

なぜならば、練習が必要であること、
そして、それが本能を、
ハンマーの一撃を、
完璧にするための唯一の方法であることを、
彼らは知っているからだ。

——————-

本と友だちは選びましょう、とよく言われます。

本は、乱読するなかで自分にとって必要なものが
見つかるものでもありますが、
直感で、選んで、読んでみたらいいと思います。

その時、自分に必要なことが必ず書いてあります。

そして、仲間も、必要なタイミングで、必要な人が
必ず現れます。

「いや、いないよ。現れないよ」と感じているとしたら
すでに近くに居るのに、気がついていないだけかもしれません。

この世は、宝石箱です。
そこらへんいたるところに、宝物が落ちています。

その目が持てたら、毎日が
素晴らしい奇跡の連続であることに気がつきます。