WEBLOG

ブログ

072 腰痛など怪我の予防にインナーマッスルと呼吸を

みなさん、こんにちは。

代表 薩田です。

 

最近、怪我する人が増えているという話しをよく聞きます。

今まで、定期的にトレーニングをしていた方でも

腰痛になってしまった、という話しも聞きました。

 

コロナによって、自宅リモートで仕事する人などが増え

あまり身体を動かさないようになったからかもしれませんね。

 

 

筋肉は、アウターマッスルと、インナーマッスルの

大きく2つに分類されます。

 

ウェイトトレーニングやマシーントレーニングなどは

身体の表面にある筋肉:アウターマッスルを中心に鍛えるために行います。

 

一方、インナーマッスルは、姿勢保持筋肉とも言われ

身体の深層部にある筋肉です。

 

 

例えば、定期的にトレーニングをしていても腰痛になってしまった場合、

それは、アウターマッスルのトレーニングが中心で、

インナーマッスルのほうのトレーニングが少なかった可能性があります。

 

 

インナーマッスルを鍛える運動としては、

ヨガやピラティス、太極拳などがあげられますが、筋トレでもできます。

多くは自重(自分の体重でできる)トレーニングです。

 

 

あと、最も重要なのが呼吸。

呼吸によって、インナーユニットと呼ばれる体幹の4つの筋肉に

働きかけることが、とても大切です。

 

そうすれば、アウターマッスルの筋トレのときにも

しっかり体幹を保持しつつ、動作を行うことができるので

トレーニングが効果的に進められるだけでなく、腰痛などの予防にもなります。

 

 

ですから、筋トレして、美しい身体をつくり、それをキープするためには

アウターマッスルだけではなく、

インナーマッスルも鍛える必要があります。

 

 

詳しくは、弊社BiPトレーナーまでお気軽にお問い合わせください。

 

また、BiP会員ではない方も、

無料カウンセリングやトレーニング体験で、なんでも聞いてくださいね。

 

 

ぜひ、トレーニングにおいては、見た目(アウターマッスル)だけではなく

インナーマッスルも鍛えていただいて、身体全体を整えたいですね。

 

 

BiP

著者:BiPトレーナー