130 スクワットにかける力を回数分に分散させてやる人、1回1回100%でやる人

トレーニングでは、
例えばスクワット10回を3セット、

つまり、
10回×3セット=30回 

という風に、複数セットに分けて行いますが

この合計30回を
100%の力で行うとした場合に

100%÷30回=3.3%として
1回のスクワットを、3.3%の力でやる人と
1回のスクワットを、1回1回、100%でやる人とでは
大きな違いがでます。

3.3%でやる人は、
残りの回数を考慮して、先々を見越して動く人。

別の言い方をすると、
将来に不安や心配、恐れが多いので
将来のリスクヘッジに重きを置く人。

一方、1回のスクワットに100%の全力でやる人は
先々のことは考えず、
ただ、今の、この1回のことしか考えていない人。

3.3%の人は、一般的には「頭がいい人」。
100%の人は、一見すると「バカな人」。

でも、本当にそうかな、と思います。

3.3%の人は、将来のことを考えていて
今目の前のことや人を疎かにしがち。
結果として、現実がうまくいかない。回らない。

一方、100%の人は、
今この瞬間のことしか考えていないので
結果として、周りが感化され、共感され、応援されて
現実がうまくいく。

3.3%でやる気持ちも、とてもよく分かります。

会社経営上、将来を見越してのリスクヘッジは
やっぱり必要だし。

ただ、なんというか、そういう生き方って
打算的で、損得勘定で動き、目先の利益・成果を求めるので
色気が出ない、というか。
オーラが出ない、というか。

明日のことは、誰にもわからない。

将来を思い煩うな。
なるようになる。
なるようにしかならない。

ただ、目の前のことをやるだけ。
それが結果として、近道。