095 オンライン流行りで敏感な人とそうでない人の差が開く

みなさん、こんにちは。
薩田です。

コロナで、大きく変わったことのひとつに
オンラインの活用がありますよね。

コロナ前は、オンラインで会議とかあり得ないと思っていました。

対面でやるからこそ、相手の空気感とか、言葉にならない言わんとしていることとか
そういうのが伝わるんじゃん、と思っていました。

でも、最近、その考えも改まってきまして。

オンラインでも、伝わる。
なんなら、メールの文字だけでも、伝わる。
電話の声だけでも、伝わる。

このひと、こんな感じだな。
このひと、こんな風に思っているな。

そういうのが分かる。

この前、オンライン会議をしたとき、
全部で6人くらいいたんですけど
私以外全員顔出ししていなくて、私一人だけ顔が表示されている状態:笑

それでも、分かった。
なんとなく6人の温度感が。

この案件に乗り気じゃないな。
否定的だな。
顔が見えなくても、わかる。

なぜ、なんだろう。
なぜ、わかるんだろう。

何が、伝わってきているんだろう。

対面だと、情報が多い。
目や耳、鼻とか、いろんな触覚器を通していろんな情報が届いてくる。

それらが、限定されたとき、
例えば、耳だけ、になったとき、
耳からだけの情報で、推察しようとするからかな。

話すときのスピード。
声の大きさ、高さ。
沈黙の長さ、深さ。
ため息、息づかい。

メールだと、言葉づかい。
句読点の打ち方。
行間に潜む間合い。
改行を入れるすき間具合。
送信の時間帯、返信のスピード。

先日、某取引先さんとメールでやり取りしており
契約更新をするかどうしようか、迷っていたのだけど
・・やめた、終了する。

そのメールのやりとりで、そう決めちゃった。

なんというか、愛がない。
冷たい。
事務的。

ビジネスって、結局、好き嫌いだから。

好かれたら買ってくれるし、
嫌われたら終わり。

ビジネスって人だから。

コロナでオンラインが流行って
最初は抵抗感しかなかったけど、今は、良いなと思ってます。

要は使いよう。

ツールは何であっても、その人自身の存在が伝わる。

敏感なひとほど、それを察知して、いろいろ決めたり、行動している。

だから、オンラインで顔が出ていないからといって油断できない。
メールだからって手を抜けない。

敏感なひとと、鈍感なひとの差が
これからますます開いていくんじゃないかなと思います。

私たちパーソナルトレーナーは、
そういうところ敏感でなくちゃいけない。