091 調身・調息・調心〜身体・呼吸を調えると心が調和する〜

みなさん、こんにちは。
代表 薩田です。

私が鍛錬している太極拳で
以前、師匠に、調身・調息・調心という言葉を教わったことがあります。

字からご想像がつくと思いますが

調身とは、
身体を調えること。

調息とは、
息を調えること。

調心とは、
心を調えること。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e5552398cf8e74a1251dfc5fb309e0b2-1-1024x683.jpg

私は、この順番が大切だなと思うのです。

調身が先で、調心が後。
先に身体を調える。

身体を調える(トレーニングなど)のときには
呼吸も調えながら行う(調息)。

結果として、調心。
つまり、心が調う。

そして、「整う」ではなく、「調う」という字を使っているのもポイント。

辞書によると
「整う」とは、乱れがなく、きちんと揃える。
使い方:
材料が整う。準備が整う。きちんと整う。

「調う」は、必要なものが不足無く揃う。
使い方:
資金が調う。支度が調う。縁談が調う。

「整う」は、きちんと整列させるイメージ。
一方、「調う」のほうは、調和させるイメージ。

先に、身体を息(呼吸)とともに調和させ
結果として、心が調和する。

筋トレももちろんそうだし、
仕事も同じではないでしょうか。

身体を動かして、呼吸をしながら仕事する。
結果として、心のこもったいい仕事ができる。

そんなふうに思います。