BiP飯田橋店 店長

上田 高行

Ueda Takayuki

Message

プリティハニー
上田

難しく考えずに、トレーニングを楽しみながら続けて頂きたいなと思います。 健康維持に運動は欠かせません。ご自身でもトレーニングや食事に関する知識や持続する力を獲得できるように全力でサポートします!モチベーションを維持するために、会いに来ていただくのはもちろんOKです(笑) いつでもご来店ください!

所持資格

・l日本体育協会公認スポーツリーダー

言語

日本語

自分の身体で好きなところ

親から貰った身体ですから全部です

自分で行うときの好きなトレーニング

部位:背中
トレーニング:デッドリフト

部位:肩
トレーニング:ショルダープレス、ミリタリープレス

趣味

ダーツ、ウィスキー(アイリッシュ系スコッチ、トワイスアップ、お湯割り)、ドライブ

特技

野球、車の運転

学校時代の部活

野球(小中高校)

トレーニングを一言で言うと

とても一言では語れません。

好きな食べ物

嫌いな食べ物

納豆

あなたにとって食とは

生きるということ

楽しいのはどんなとき?

・笑顔でいるとき。
・何かに集中しているとき。
仕事でも、趣味でも、勉強でも、なにかに没頭しているときは充実しているので。

なぜ、パーソナルトレーナーに
なろうと思ったのか?

高校のころから、スポーツの現場で働きたいと思っていました。
なぜかというと、高校の野球部で、チームメイトが怪我をするのを見て何とかしたい、と思ったからです。

それで、いろいろと調べるうちに、パーソナルトレーナーという職業があるのを知って専門の勉強をするために、スポーツ医療を学べる大学へ進学しました。

一般の方へトレーニングを指導するときにも、肩こりや腰痛の方に対しては、スポーツ医療の知識が活かせるのでパーソナルトレーナーになろうと思いました。

やりがいを感じるとき

人は誰しも悩みを持っていて、お客様ももちろんそうです。
お客様の悩みに寄り添って、それに対して答えを出せたとき、よかったなと思います。

うまく身体を動かせない、使えない方に指導するとき、どうしてもうまくいかない、という場合にこの方にはどういう風に伝えたら伝わるか、どういうニュアンスがいいか、違うアプローチでやってみたらどうか、どうしたら伝わるだろうと考えながら言葉の使い方を変えてみたり、そういうのが、トレーニングを指導するとき、とても大切だと思います。

結局、伝わらなければ意味がないので。
お客様がちゃんと理解して、最終的には、お客様がひとりでできるようになるのが良いと思っています。
それが、パーソナルトレーナーの仕事かな、と思います。

つい、こだわってしまうこと

トレーニングにおいて、「こうでなければならない」というのはないと思うので、お客様がこうしたい、と言うことがあればそれを優先します。
明らかに危険であるとか間違っている場合は、もちろん指摘しますけど、基本、お客様のご希望に沿ってやっていきます。

お客様に向けたメッセージ

難しく考えずに、トレーニングを続けていただきたいなと思います。
健康維持に運動は欠かせませんので、ご自分1人でもトレーニングや食事を続けられるような知識を獲得していただきたいと思います。
モチベーションを維持するために、もちろんBiPに会いに来ていただくのはもちろんOKです(笑
ご自分でやってみて、より知識を高めたいとか、あれば、いつでもトレーニングに来ていただければと思います。