この夏におススメの本:三島由紀夫『潮騒』

みなさんこんにちは
田町店トレーナーの浅野です。

6月も残りわずかになりいよいよ夏本番です。
海やBBQ、お祭りに花火大会などイベントは盛りだくさんですが
紫外線の当たらないクーラーの効いた部屋で
ダラダラすることでしか得られないことも、きっとあります。

そこで今回は、夏に読みたい本を紹介させていただきます。

三島由紀夫『潮騒』

こちらの作品は、三島の代表作の1つで、中編小説です。
何度も映画化されるなど、一般的にも人気の高い作品です。

僕は、高校時代の模試で、この『潮騒』が出題されて
テスト中に面白い作品だと思い、その日のうちに購入しました。


舞台となる島や、そこから見る景色を、実際には見たこともないのに
読み手が感じることができる表現力や、
恋に落ちた女性の微妙な心情の揺れを、男性である三島がリアルに描いているところは
他の小説家と明らかに違うことは、読解力のない自分でも分かります。

もし機会がありましたらぜひ、お試しください。


●無料カウンセリング・体験のお申込はコチラ
https://bip.gym.co.jp/counseling/