148 ダイエットを成功するには、睡眠と排泄をコントロールする

皆さん、こんにちは。
代表 薩田です。

当社のお客様の多くは
ダイエットやボディメイクが目的で
トレーニングにいらっしゃいます。

そういうお客様に、トレーナーが必ずお伝えしているのは
トレーニング2割、食事8割だ、ということです。

よく『2:8の法則』と言われますが
それがダイエットやボディメイクにも当てはまるわけです。

ですから「トレーニングしているから大丈夫!」
というわけにはいきません。

もし本当に、身体を変えたいのであれば、
食事を変えることは、必須になります。

ただし、ここで最も大きな問題にぶつかります。
それは、10年、20年、または幼少の頃からずっと続けてきた
食事の習慣を変えるのは至難の業だ、ということです。

そして、もう一つ。
「食べたい」という欲求に、どうしても抗えないというものです。

『マズローの欲求5段階説』というのをご存知でしょうか。
マズローによると、人間の欲求には5段階あると言われています。

そして、ピラミッドの下の欲求ほど
具体的で、部分的で、身体的、有形的です。

上に行けば行くほど、抽象的で、全体的で、精神的で、無形的になります。

下の欲求が満たされていた方が
上の欲求は満たされやすいと言われます。

逆に言うと、下の欲求が満たされないと
上の欲求は満たされにくい。

今回テーマとしている「食欲」は、
第1段階の生理的欲求に含まれ、
睡眠欲は、排泄欲と同様に
生命の維持に欠かせないものです。

その食欲をコントロールするには、どうしたらいいか。

それは・・
他の生理的欲求をしっかり満たしてあげるということがポイントです。

つまり、睡眠と排泄です。

最適な時間の質のよい睡眠を取ることで
成長ホルモンなどホルモンバランスが整って、
体重が減っていくというデータがあります。

また、質の良い睡眠を摂るには、ホルモンの影響は無視できません。
太陽光を浴びるとセロトニンが分泌されやすくなります。
セロトニンというのは、睡眠ホルモンと言われるメラトニンの材料になります。
従って、日中に太陽光を浴びることは大切です。

また、大便と小便に代表される排泄を
毎日しっかり行えるよう、腸内環境を整えることも
とても重要です。

大便とは、身体からの大きな便り。
小便とは、身体からの小さな便りのことです。

身体が、いろんな情報を「便り」として届けてきているので
しっかり情報を受け取る必要があります。

まずは、この睡眠と排泄を、良い状態に整えるだけでも
食欲が大きく押さえられます。

腸内環境が整うと、いろいろなホルモンのバランスも整い
自律神経に整って、良い睡眠につながります。


そもそも、多くの人は「食べ過ぎ」なのです。
本来は「お腹が空いたら食べる」くらいでいいのです。
1日3食でなくても、1日1食の日があってもいいくらいです。

次回は、何をどれくらい食べたら良いのか、について
書いていこうと思います。



●パーソナルトレーニングジムBiP田町店
https://bip.gym.co.jp/facility/tamachi/

●パーソナルトレーニングジムBiP飯田橋店
https://bip.gym.co.jp/facility/iidabashi/

●無料カウンセリング・トレーニング体験・ダイエットのご相談はコチラ
https://bip.gym.co.jp/counseling/

著者:薩田有紀代
株式会社BiP 代表取締役。