146 身体が変わると心(脳)が変わる

「病は気から」と言われるとおり
身体と心は密接に関連し、影響し合っているのは
皆さんご存知の通り。

心は、触れないけど、
身体は、触れる。

だから、身体を鍛えたり、整えたりすると
心が変わってくる。

心とは脳である、と言える。

従って、身体を鍛えることは、脳を鍛えることにつながる。

トレーニングなどで身体を鍛えると、
膝の曲げ伸ばしのときの癖や、
肩を動かすときの癖、
普段の姿勢の癖などに気がつく。

それらの癖は、これまでの長年の習慣によって作られたものであるから
それらを治したり正しい位置に戻すには、
脳が、正しい位置を覚える必要がある。

もともと、生まれたときは、正しい位置にあったので
正しくは「思い出す」と言ったほうが良い。

この思い出す過程は、身体を鍛えながら、脳を鍛えていると言える。

長い年月を経て、癖が染み込んでしまった身体が
正しい位置を思い出すのは、時間がかかる。

週1回のトレーニングだと、
次回のトレーニングまでに6日間空くので
前回のことを、身体と脳が、思い出すのに時間がかかる。

週1回のトレーニングでももちろん良いが
週1よりも週2、週2よりも週3、週3よりも毎日やったほうが
思い出す時間は短くなる。

トレーニングの頻度が上がれば上がるほど
思い出す時間が短くなる。
つまり結果として、早く身体が変わってくる。

なので、ぜひ「宿題」をやってほしい。
うちのトレーナーが出す宿題を、家や職場などでやってもらいたい。

1日1分でいい。
数秒のストレッチを左右1回ずつだけでいい。
本当にそれだけでいいから、やってみてほしい。

宿題をやるという行為自体が
脳のトレーニングになる。

脳を癖づけるこの過程で、
習慣が変わってくる。

毎日歯磨きをするように、自然と毎日宿題をやるようになったとき
あなたは、自分の身体が変わってきたことに気がつくでしょう。

そして、何よりも脳が、つまり心が変わってきたことに
気がつくでしょう。

そうすると、毎日の日常が、いつもと同じ風景が
変わって見えるようになる。

そのとき、あなたは自分が身体も心(脳)も変わり
結果として、あなたを取り巻くいろいろな事象が変わっていく。

心(脳)は、触れないけど、
身体は、触れる。

まずは身体から。

さぁ、あなたは何を変えたいですか?
なぜ、パーソナルトレーニングに通っているのですか?

●無料カウンセリング・体験のお申込はコチラ
https://bip.gym.co.jp/counseling/

著者:薩田有紀代
株式会社BiP 代表取締役。