137 脳腸相関:消化器官は1本のちくわ

みなさん、こんにちは。
代表 薩田です。

脳と腸は、お互いに密接に影響を及ぼし合っている、ということが
科学的に説明されてきています。

脳と腸は、自律神経やホルモンなどを通して
お互いに情報を伝達し合っています。

ストレスを感じるとお腹が痛くなる、というのも
その一例です。

逆に言うと、腸の状態が良くないと
脳にもそれが影響するということです。
うつ病や認知症、自閉症などにも関係しているということが
近年明らかになりつつあります。

心と脳はイコールですね。
身体だけでなく、心=脳のためにも、
腸内環境を整えておくと良いのです。

そのために、大切なのは、やはり食べ物です。

ちなみに、人間の消化器官は1本のちくわに例えられます。
口から肛門までは、身体の外になります。

口から入った食べ物は、
食道を通り、胃で細かくされ、
腸で吸収されます。

ですから、腸から吸収されて初めて
食べ物は、身体の中に入ります。


以上より、①脳との関係、②栄養を吸収する場所、という2つの点で
腸はとても大切です。

トレーニングをしている方、していない方も
本当の健康を考えるならば、腸を意識する(ケアする)ことは
とても大切です。

●無料カウンセリング・体験のお申込はコチラ
https://bip.gym.co.jp/counseling/